« でっちあげ | トップページ

2017年5月28日 (日)

ルポ 消えた子どもたち

51jktwww8dl

子供の虐待と聞いて僕が思い出すのが、1~2年前かな

NHKのお昼のラジオニュース。

虐待死のニュースを男性アナウンサーが涙を堪えて読んでいるのを

聞いた時のショック。

「そうだよなぁ 我が子を殺めるなんて普通の精神の持ち主じゃできないよな」と思ったのを思い出します。

今回読んだこの本は、産まれてからある日突然行方がわからなくなる子がいるというルポ。放置して餓死したというニュースがあるなかで、これは親が金銭的や精神に異常をきたしたことで子供を学校に行かせず消えてしまった子供たち。立ち直った子もいれば自殺してしまった子。立ち直ってもトラウマや隔離されていた間の世間との空白を埋められない。

そして、保護された子供たちは消えてしまった子供たちの氷山の一角であること。

子供たちは、親を絶対の保護者だと思ってどこまでもついていき、そして耐える。我が子の人生を狂わせてしまった事の罪の重さはとても重い。産まれてから11年間閉じ込められていた子供がいるなんて・・・

こんな事を少しでも減らすには。

それは行政や、周辺の人間が異常をさっちする事。地域のコミュニティーの重要性。

僕も含め、近所の人たちの家族構成など知っているのか?そして、異常やヘルプの小さな声が聞こえないか?個人情報で何かと個々が孤立していく世の中ですが、本当にこれでいいのか考えなくてはいけないと思いました。

こんな事が世の中ではおこっている。そしてこれは知っておかないといけない事ですね。

自分の住む市町村にも児童養護施設はあるはず。ということは、自分の住んでいる地域でも消えた子供たちがいるって事なんですよね・・・

一読の価値ある本です。

青木保険事務所

http://www.aoki-hoken.com/

(一社)かずさ青年会議所

http://www.kazusa-jc.com/

« でっちあげ | トップページ

無料ブログはココログ